atojyadekinaiのブログ

年寄りの白血病ブログ

入院しちゃった

2015年2月の事その1


2月1日 鼻水と咳
今日も、鼻水と咳が止まらない。
幸いに熱は上がって来ない。


2月4日 悪寒
朝、食事が終わって新聞も読み終わったら
急に手が痺れて悪寒がして来た。
慌ててベッドに入り電気毛布を最強にして横になった。
震えが止まらない。
熱を測ると最初は38.8度、2回目は39.5度、
ネットで調べると手の痺れと急な発熱はインフルエンザの症状に当てはまるので
これは不味いと思い女房に病院に連れて行って貰う事にした。
今日は一人では行く自信が無い。
タクシーで病院へ行き、今日は担当医が診察日じゃないので指名無しで待っていた。
大分、待って呼ばれて行くと、教授だった。
インフルエンザは陰性だったが。
白血球と腎臓の数値とCRPの値が高いと言われた。
取り敢えず今日は抗生剤の点滴をして抗生剤を4日分出すので
担当医の診察の日にもう一度検査する事になった。
3時頃に、タクシーで家に帰って、ひたすら寝ていた。
嫁さんがOS1を買って置いといてくれた。


2月5日 熱下がる
朝、お粥を作って貰ったが病院を思い出して食べられ無かった。
熱は37.3度を上下する。
夜に寒気がして測ったら、38.5度カロナールを飲んだら一時間で37度に下がる。


2月7日 結局入院
9時の診察の予約で採血も有るから7時20分に自転車で行った。
採血は7時45分について19番目だった。
土曜だから空いているのかな。
診察室に呼ばれて入ると直ぐに入院するかと聞かれ再発かと思い聞くと
イヤイヤCRPが高いと言われた。
先日の3.9が14まで上がっていた。
今日、入院するか火曜日まで様子をみてから入院かと言われた。
白血球は正常値になってる。
原因は鼻か喉しか思いつかないから
鼻を診て欲しいと主張したら耳鼻科に予約を入れてくれた。
帰ってくるまでに決める様に言われて耳鼻科に行く。
耳鼻科の担当医が休みなので取り敢えず違う先生に診て貰うと、
やはり大分膿が溜まって居るからとCT検査をしたら前の時より悪化していた。
これでCRPが上がった可能性は有るとなり
治療は矢張り抗生剤の点滴と言われ諦めて入院を決めた。
病室は救急患者が入る部屋になった。
入院前に自転車を置きに一旦家に帰る。
家に着くと孫が仏間に居て目が合うとニッコッと笑った。可愛いヤツメ。
嫁さんがスノボーに行って家にいないから自分一人で行かないといけないから。
最低限の入院道具を持って病院に向かった。
病棟のナースステーションに行くと丁度先生も居た。
入院上の注意をされ病着に着替え、身長、体重測定。
早速、抗生剤の点滴を始め5時に終わった。
1日2回の予定だから2回目は12時に始める予定。
抗生剤はマキシビームだ。
寒気がして熱を測ったら37.7度だった。
掛けるのをもう一枚出して貰った。
暫くして熱を測ると37.4度まで下がっていた。
38度を越えたらカロナールを出してくれるそうだ。


2月8日 部屋移動
6時起床。36.2度。
10時からマキシビームの点滴。
部屋を移動するので支度をして下さいと言われて、
荷物を纏めている時に先生の検診が有った。


2時に看護師が迎えに来たので歩いて血液内科の二人部屋に入った。
1泊9720円だそうだ。
大部屋が空き次第移る予定。
一人用のスペースが広い窓側で窓も凄く広く外が良く見える部屋だ。
前、世話になった、男の看護師さんが挨拶に来てくれた。
風呂の空きをナースステーションに見に行ったら
日曜のせいか、がら空きだったので直ぐに入った。
この病棟は慣れているから良いな。
消灯は10時だが、お隣がおむつ交換や車椅子移動等世話が掛かり
看護師が良く来て話をしているから、寝たり起きたりだ。


2月9日 大部屋に
5時40分にトイレに起きたがそのまま寝たら7時10分に看護師に起こされた。
採血に来た人は退院する日に担当してくれた看護師で憶えていてくれて、
髪の毛が濃くなりましたねと言われた。良くやってくれた人だ。
8時に点滴しようとするが通らなくて入れ直す事になった。
今度は一回で入れてくれて余り痛くなかった。
部屋移動6人部屋。ここは前の大部屋より全然ベッド周りが広い。
同室の人がマルクをしてた。どうやら再発らしい。
11時半に耳鼻科検診が有り前よりは良くなっている。
鼻うがいをやった方が良いと言うのでネットで注文した。


5時に風呂に入る保湿クリームと痒み止めを塗った。
部屋に帰ると直ぐにCT検査に呼ばれた。
5時半、息を吸ってと言うので大きく吸い過ぎて咳が出始めちゃって、
少し待って貰った。
余り大きく吸わなくて良いと言われたからチョットしか吸わなかったら、
息止めが長いコースだったから苦しくて苦しくて死にそうだった。
今晩の担当は佐藤さん、知っている人がやってくれると心強い。
耳鼻科のムコダイン2錠になっていたのを気づかずに1錠しか飲んでいなかった。
7時半に先生が来た。調子は良いので1週間で退院OKと言われた。
入眠剤のマイスリーを貰って飲んだ。


2月10日 順調
朝の体温36.0度。夜はトイレに2回起きた。5時に目覚めそのまま起きた。
9時から抗生剤の点滴。
看護師の交代時に白血病の担当の看護師に会えた。
元気になったから日中が暇で仕様がない。
図書館に予約していた、本(桐野夏生のだから荒野)が届いていたから良かった。
先生が診察して順調だとの事。
保湿クリームを頼んだ。
矢張り退院は1週間の予定で木曜の採血次第。
今朝、普通の便が出た後やや下痢気味。
久し振りに腹がゴロゴロなる。
点滴今日は早めの7時に始めてくれた。
速度も早めに落としてくれたから30分位で終わった。
本を読んでマイスリーを飲んで寝た。


2月11日 ハナクリーン
体温36.3度
下痢が始まった。朝、3回出た。
11時から点滴始まる。
今日の担当の看護師は入院当初に良く担当してくれた看護師で、
とっととさんだ(点滴が逆血した時にとっとと歩いて行けば良いと言われた)
お礼を言った。
11時に先生来て先日のCTの結果肺炎になっていたとの事。
緑内障用の目薬が残り少ないので頼んだ。


ハナクリーンが届いて持って来てくれた。
歯磨き後にハナクリーンをしてみた。
誰も居なくて良かった。
最初はドンドン水をポンプで入れて行って、やり方が分からなかったが、
自然に鼻が出て来たら、それが、ダラーンと伸びて、大変な事になった。
これは、人が居る時は出来ない。
7時半から点滴。
ウトウトしていたら、
何処かのバカ女が9時半頃に病室の入口付近で電話を始めて
寝れなくなったのでマイスリーを飲んだ。


2月12日 明日退院
マイスリーを飲んだから、夜は良く寝れた。
7時に採血。結果はCRPが1.17迄下がっていたから、
明日か明後日に退院して良いと言われたので
明日、退院する事にした。
10時にハナクリーンをした。
矢張り結構、鼻汁が出て来た。
噴射方向が分かって来たから次回はもっとスムーズに出来る。
7時半に点滴。マイスリーを飲んで寝る。


2月13日 退院
朝ハナクリーンしたがお湯をチョット熱くし過ぎて辛かった。
7時半から点滴始まった。
8時半に終わったので呼んだが、又、直ぐに来ない、
5分待って血が逆流して来たのでもう一度コールしたらやっと来た。
昨日も同じ事やられた、駄目な子は駄目なんだな。
10時半過ぎに女房が来て11時過ぎにはクレジットで清算を済ませて退院した。


家に帰ってベッドに横になっていたら孫娘が来て
お爺ちゃんが居ないから涙が出て来たと言ってくれた。
何て可愛いんだろう。
シャワーを浴びて、家で食べるご飯は凄く美味しかった。
今回の入院の病名は肺炎と副鼻腔炎だ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。