atojyadekinaiのブログ

年寄りの白血病ブログ

やっと入院した

2015年3月30日(月)の日記より
昨日も調子が悪くて一時間置きにトイレに行ったが


もう尿とは言えない血だけの感じでドロッとしている。


今日は採血が8時迄に行かないといけないので7時半に家を出た。
(耳鼻科は前からの予約で血液内科は病院に来てから予約を入れた。)


入院する積りの用意をしてでタクシーで向かった。
採血をして8時半に耳鼻科の診察を受けたら、
腎臓の数値が悪いのと、
不整脈も出て居たから、
腎臓内科と循環器に回る様に言われた。


血液内科の診察で部屋に入ったら即入院する事になった。


腎臓から尿が降りて来ていないらしい。
今回は尿管カテーテルを入れて膀胱を洗う。
利尿剤をシリンジポンプを付けて点滴し、生理食塩水も器械を付けて点滴する。
尿管が詰まっていたら尿管ステントカテーテル留置術をすると先生が言いに来た。


カテーテルが詰まっているから一回抜いてもっと太いのに入れ直した。
18mm→22mmに。
初めてなのにこんなに太いの入れられたけど治るんだと思ったら我慢する。


尿意がしても出ないから気持ち悪い。
便意が有るからその都度、点滴棒押してトイレに行くが出ない。
その内お腹まで痛くなって寝れない。


痛み止めの点滴を2回出して貰ったけどあまり効かなかった。


部屋は最初泌尿器科の大部屋に入ったが、
直ぐに血液内科病棟に移った。
6人部屋だが廊下側でトイレが近いから良かった。
ベッドの範囲も広くて良い。
空いている時間はひたすら眠った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。