atojyadekinaiのブログ

年寄りの白血病ブログ

尿管ステントカテーテル手術

2015年3月31日(火)の日記より


息子の誕生日だな。
息子の行ってる店も開店早々、
トラブルが有って大変みたいだ。
女子社員が余りの忙しさにパニックになり店を飛び出して行ってしまい、
それを追って行った女の人が転倒して両足骨折して救急車で運ばれたそうだ。
店は三人体制でやる事になっていたから定休日を作って、
朝の営業を暫く止めて対処するみたいだ。


朝、先生が採血に来た。
今日は動脈血の採血だった。
初めて採ったが血液のペーハー値を調べるそうで酸性血になってると良くないそうだ。
今朝も身体が怠くて動けない。
そんな中、尿管ステントカテーテルの手術をする為に二階の手術室に行った。
カテーテルを入れてモニタ―を見ながら、
尿管の血を洗い流しながらステントを入れて行く。
この痛さは半端じゃなかった
良く憶えていないがカテーテルを入れる時は痛くなかったと思う
それからが大変だった。
カテーテルを入れたのを尿管の血を洗い流しながら入れて行く
んだと思うんだけどモニターを見ても真っ赤で何が何だか分からない
チンポに入れたカテーテルを思いっきり下に下げたりして狙いを定めるんだ
その時の痛さたるや
男じゃないと分かんないだろうなー
男でもこんな事された事ないかな

ギャ~~~~~
イタ~~~

いくら叫んでも返事もしないし止めてくれない
それを何十分も続けられたんだ。
肛門周囲膿瘍の時の痛さが最高だと書いたけど
その比じゃなかった。

やってる時間が長いし折れちゃうかと思った。
痛いのを耐えてたのに
結局入らなかったから嫌になる。
次の対処法としては首にカテーテルを入れて透析をするんだって。


お腹の痛みは膀胱の痛みで気にならなくなった。
食事はまだ食べられ無い。
薬は一回全部止めて胃薬だけ。


ブレドニンの点滴を夕方から始めた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。