atojyadekinaiのブログ

年寄りの白血病ブログ

女房の入院

2015年6月29日(月)の日記より


女房が入院するので5時半に目覚ましを掛けて起きた。
洗濯して朝飯を食べて8時に家を自転車で出た。


女房は7時40分に電車で病院に向かう。


8時20分に病院に着き女房を探したが居ないので
受付で聞いたらまだ来ていないと言われ待っていたら現れた。
先に入院の手続きをして来たそうだ。
後でと話していたのに。


最初は心エコーの検査でカテーテルを飲み込んでやるので
大分苦しかったみたいだ。
終わってから病室に向かった。


病室は15階の6人部屋。
担当の先生が丁度来て手術の説明をしてくれたので
夕方の予定だったが夕方には来なくても良くなった。


明日の手術は9時から始める予定で


今回の手術は心房細動を治す事を目的にしている。
カテーテルを入れて肺静脈を焼くそうだ。
前は薬(エタノール)で壊死させる様な術式だったが

今回は本当に焼くみたいだ。


後、色々なリスクの説明も有った。


昼は二人で17階のレストランで食事をした。
ヒレステーキの陶板焼きと言うのを頼んだ。
何と3100円だ。
奮発しちゃた。


その後、心電図、胸部レントゲンを撮った俺は2時に帰った。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。