atojyadekinaiのブログ

年寄りの白血病ブログ

腕の中で逝った

2018年10月5日 チビの死
先生が言った通りに痙攣の回数が多くなって来た。


今日は瞬きをする様になって
見えているんじゃないかなと思わせる感じがするけど気のせいかな。


二階に連れて行って椅子の上に寝かせて置いて、
女房がトイレに行った時に
運悪く痙攣が起きたみたいで戻ったら床に落ちていたそうだ。
幸いに大丈夫だったみたいだけど
声も出せない状態だから痛いのか如何か分からない。
たまに小さくクーンと泣くが痛いのかな?
助けて欲しいのかな?


女房が昨日も寝ないで看病していたから
今日は俺がベッドに連れて行って一緒に寝る事にした。


テレビを観ながら横になって居たら
孫娘が来てチビちゃん大丈夫と言ったと
同時にチビが凄い痙攣を起こした。


動けなかったのが四肢をバタつかせて上を向き
口を開けて何とか息を吸おうとしている感じだ。
これが断末魔なのか?
それを一分程続けてチョット落ち着いたと思ったら
最後は口を開けて動かなくなった。


口を開けた時に何かが出て行った感じがしたけど気のせいなのか。


死を目の前で見たのは初めてだったが
今回は苦しむのを見て居られ無いので
逝ってくれて良かった。


頭の中で首を絞めて楽にして上げるとか
出来もしない事を考えてみたりしていた。


望んでいた通り最後にチビを俺の腕の中で看取る事が出来た。


その後嫁さんに毛をカットして貰い身体も拭いて貰い祭壇に安置した。


10時30分に亡くなり毛をカットして貰ったら死後硬直が始まっていて身体を
丸める事が出来なくなってしまった。


葬儀屋に電話で7日の16時から17時に来て貰い家族層を行う予約をした。


10月6日 祭壇
昨晩はチビは女房の部屋で寝かせて上げた。


朝になってチビのを二階に連れて行って祭壇を作って上げた。
良く咥えていたコキンちゃん達も一緒だね。


10月7日 葬儀
皆が来てくれてお花も一杯になった。
チビちゃん良かったな。


葬儀屋さんが4時に来て集まった全員で儀式を行った。
耳が聞こえないから良く分からなかったが
何処かの神社でお祓いをしたタオルで
身体を清めて上げてから
末期の水で口をうるおし
最後に小さな数珠を前足に付けて上げて終わりだ。


家の駐車場は屋根があるから出来ないので、
コインパーキングに車を止めて
そこまでチビを運んで火葬をした。


車の後部に積んである窯の前に遺体を置いて花で飾り付けをして思い出の品も
一緒に焼いて上げる。


もし隣に車の持ち主がいたら何か言われそうで心配になる。
それとワゴンの後ろに窯を積んで焼くので
車内は凄い温度になるから今年の夏は大変だったろうと
これもまた心配しちゃう。


焼き上がったら家まで来て貰い駐車場でお骨揚げをした。
人間の時と同じ様に
これが喉仏でとかの説明もしてくれた。


お骨は散骨するので10分程待って粉骨にして貰い骨壺に入れて返して貰った。
こんなに小さくなって帰って来た。


因みに葬儀の費用は3kg迄の料金で23000円と
コインパーキング代が800円でした。
良くやってくれて満足しています。


お骨は二階に飾って四十九に庭に散骨する予定だ。




心臓が丈夫だから
長引くかなと思っていたけど
俺達の身体を思って早く逝っちゃったのかな?


俺達の所に来てくれて有難うとしか言えない。



又、明日から下痢の話に戻りますので宜しく。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。