atojyadekinaiのブログ

年寄りの白血病ブログ

今回の入院の検証

何故今回の様な事になったのか
自分なりに検証してみた。


まず家族のウイルス性胃腸炎(アデノウイルス)が移って下痢になり
漏らすことが多かった
その時にお尻を洗った後に前も洗っていたんだけど
それで菌が膀胱に入ったのではないか?


同病の方のブログで出血性膀胱炎になりやすいと言う事は
自分では分かっていたから当然先生も把握していると
考えていたのが甘かったかもしれない
初期の時にもっと水分を採って菌を排出していれば
とか色々考えちゃう。


結局痛さに耐えられずに痛みを取りたいと
鎮痛剤のロキソニンを飲んでいたが
殆ど効かなかった上に

これが原因で腎不全になり
これ以降ロキソニンが俺の禁忌薬になったしまった。


今回幸いな事に人工透析にならずに済んだし
尿管ステントも入れずにすんだ
(入れられなかっただけだけど)
尿管ステントは入れた方のブログを読んだら
三か月に一度取り換えが必要だそうなので
逆に入らなくて良かったと思っている
あの地獄の痛みを考えると身震いする。


以上が自分の考えです。
悪い事とラッキーだった事が混ざって複雑です。


親父が亡くなる前に入院した病院で膀胱がんが
見つかり、その時に尿が出なくて
カテーテル手術をすると言う事になった
余りの痛さに親父は怒りまくり途中で止めさせた事を
思い出したが、同じ手術だったのかも?


その時の事は色々有って良く憶えていなくて
そういえばこんな事が有ったと思い出した。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。