atojyadekinaiのブログ

年寄りの白血病ブログ

副鼻腔炎手術日

2015年4月24日(金)の日記より


4時半まで何とか寝れた。
8時に先生が来て処置室で鼻毛のカットをした。


9時半に点滴のルートを入れた。
10時から点滴開始。
ヴィーンD輸液
(効能又は効果。
循環血液量及び組織間液の減少時における細胞外液の補給・補正、
代謝性アシドーシスの補正、エネルギーの補給)


12時前に女房が来た。


手術の前に肺塞栓症予防の男性ストッキングと
Tパンツと言う使い捨ての下着を履いた。
(Tバックじゃないよ)


待ちくたびれたが1時半に手術室に向かう。


手術は全身麻酔で行う
マスクをして深呼吸をするとボーとして来る、
その後麻酔を注入すると意識が無くなった。


・・・・・・・・・・



名前を呼ばれて気が付いて、
時間を聞くと6時45分だった。


ストレッチャーに乗せられていて、そのまま病室に戻る。
ドラマのシーン見たいに廊下の天井が動いている。


女房は一人で5時間も待たせて悪い事をした
待ち疲れたろうから直ぐに帰って貰った。
(事前の説明では手術時間は2時間程と聞いていたが)


ズーとウトウトしていて10時に歩いてみるか聞かれて病棟を一周したが
大丈夫みたいだ。


手術の前に尿道カテーテルが入れられていて
カテーテルを直ぐに抜くか聞かれたが夜中にトイレも心配なので
明日の朝に抜いて貰う事にした。


水ももう飲んだ方が良いと言われて
飲んだが鼻にガーゼが入って居るから凄く飲みずらい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。